いま注目のオーディオブック「audiobook.jp」完全ガイド【リアルな口コミ・評判も掲載】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • URLをコピーしました!

星野リゾートの代表「星野佳路」さんも愛用していることで知られているaudiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)。

250万人以上のユーザーが利用している日本最大級のオーディオブック配信サービスです。

聴き放題プランには14日間の無料体験がついているから、サービス内容に不安を感じるユーザーも安心して登録することができます。

\ まずは聴き放題の14日間無料体験から /

月額833円の聴き放題プランと

単品購入の組み合わせが◎

※オーディオブックとは「耳で聴く本」。プロのナレーターや声優が本を読み上げてくれるサービスです。家事や運転中など作業中でも「ながら聴き」で読書ができます。

この記事では、audiobook.jpの基本情報からユーザーのリアルな口コミ、よくある質問まで幅広く解説しています。

audiobook.jpの優れた点、気になる使用感なども詳しく丁寧にまとめていますので、参考にしてみてください。

目次

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)が選ばれる3つの理由

聴き放題が月額833円とリーズナブル

サブスクを選ぶときに、月額料金は重要です。毎月の出費になるから料金は少しでも抑えたいところ。その点、audiobook.jpの聴き放題プランは月額833円とリーズナブル。オーディオブックの競合「Audible」は月額1,500円なので、コストを半額程度に抑えられます。
※聴き放題の「年割プラン」は一括前払い9,990円のため、月額換算で833円

audiobook.jpの口コミをチェック

「期間限定配信」で他では聴けないベストセラーが聴ける

オーディオブックは聴き放題の作品数も重要ですが、ベストセラーや人気の本が聴けるかどうかもチェックしておきたいところaudiobook.jpの読み放題プランでは、月替わりや不定期でベストセラーの期間限定配信を行っています。この期間限定配信では、audiobook.jpでしか聴けないベストセラー書籍が聴き放題に登場します。

過去の期間限定タイトルはこちら

聴き放題プランが14日間の無料体験付き

はじめてオーディオブックを利用する人は「自分に合ったサービスか」「読みたい本が見つかるか」など気になることがたくさんあるはず。audiobook.jpの聴き放題プランには14日間の無料体験がついています。もちろん無料体験中に何冊読んでもOK!使ってみて満足できなければ、無料体験中にいつでも解約できるから安心です。

audiobook.jpの口コミをチェック

audiobook.jpの基本情報

audiobook.jpロゴ
サービス
提供会社
株式会社オトバンク
サービス
概要
オーディオブック配信(耳で聴く本)
聴き放題プラン、チケットプラン、月額プランあり
※単品購入も可能
プロのナレーターの朗読音声
料金プラン【聴き放題】
年割プラン:月額833円(一括前払い9,990円)
※月額プランを選ぶと1,330円と割高

【チケットプラン】
シングル:月額1,500円
ダブル:月額2,900円
※初回のみ最大35%OFF

【月額会員プラン】
月額550円~33,000円
特典14日間の無料体験付き
(聴き放題プランのみ)
解約いつでも解約できる
無料体験中の解約OK
支払い方法クレジットカード/d払い/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払いなど
作品数総作品数は非公開
聴き放題は1.5万冊以上
主な
ジャンル
ビジネス書/自己啓発書/小説/語学/実用・資格など
対応端末Android端末/iOS端末
アプリ有無あり
その他聴き放題作品が入れ替わる(期間限定作品あり)
オフライン再生可能|何冊でもダウンロードOK

無料体験中に何冊聴いても追加料金はありません。実際に使ってみて満足できなければ、無料期間中でも簡単に解約できるから安心です。

audiobook.jpの無料体験登録は公式サイトから

聴き放題プランの無料体験登録は、から簡単に行うことができます。

最短3分で登録が完了。すぐにスマホアプリが使えるようになります。

なお無料体験は、初めて聴き放題プランに登録される方が対象です。

聴き放題プラン無料体験の登録手順

それでは聴き放題プラン無料体験の登録手順を、実際のスマホ画面も使いながら解説していきます。

以下の5ステップで行います。

STEP
にアクセスし、登録ボタン(無料で14日間体験してみる)をタップ
  • 登録ボタンの文言は変わる場合があります。
  • 下図はキャンペーン中の画像を使用しています(無料期間が30日間に延長)。
audiobook.jpの無料体験登録方法-1
STEP
名前、メールアドレス、任意のパスワードを入力し、会員登録をタップ

Apple登録とFacebook登録も選択できます。

audiobook.jpの無料体験登録方法-2
STEP
プランを選択:「年割プラン(月額換算833円)」or「月額プラン(月額1,330円)」

年割プランの方がお得なのでオススメです。

audiobook.jpの無料体験登録方法-3
STEP
ご希望のお支払い方法を選択し、必要事項を入力したら登録するをタップ
  • クレジットカード払いの場合、クレジットカードをタップすると、入力バーが表示されます。
  • 支払い情報の入力は必須ですが、料金が発生するのは無料体験終了後なのでご安心ください。
audiobook.jpの無料体験登録方法-4
STEP
以下の画面が表示されたら、聴き放題プラン無料体験への登録完了

「聴き放題登録が完了しました!」と表示されたら登録完了です。スマホのアプリストアからaudiobook.jpアプリをダウンロードして、さっそく使ってみましょう!

audiobook.jpの無料体験登録方法-5

登録画面の最後に無料体験期間が表示されます。使ってみて不要だと感じたら、期間内に解約するのをお忘れなく。

\ まずは聴き放題の14日間無料体験から /

月額833円の聴き放題プランと

単品購入の組み合わせが◎

audiobook.jpの口コミ・評判

ここではaudiobook.jpの愛用者、利用経験者のリアルな口コミを集めました。

良い口コミからイマイチな口コミまで幅広く紹介しているので、参考にしてください。

【サラリーマンの通勤の味方】時短になるし一度使うと手放せない

家から駅までの時間がもったいないので、「この時間を生産的に使いたい」と思い、audiobook.jpを使うようになりました。オフライン再生ができるので通信量を消費せず、すごく助かってます。また倍速再生機能もよく使っていて、聴き流したい内容の時はスピードを上げて聴いています。意外に歩きながらでも耳から入ってくる情報は記憶に残るので単調な運動をしながらの読書はかなり効率的なインプットとして役立っています。

投稿者:ひろあきさん/39歳/男性/会社員/利用経験:3か月/評価:★★★★★

通勤時間のお供に最高です♪

今年の4月から通勤時間がかなり長くなり、車を長時間運転することになりました。運転中のBGMとしてオーディオブックが最高です。気になっている本が、運転中に耳で聴けるなんて夢のようです。ストーリー展開や書いてある内容が気になって運転中の眠気なんてまったく気になりません。良い時代になったもんだと気に入っております。悪い点は特にありませんが、強いて言えばすべての作品が読み放題ではないところです。

投稿者:ドライブのお供に!さん/54歳/男性/会社員/利用経験:1か月/評価:★★★★

オーディオブックはとにかく楽!

昔から読書が趣味で色んな本を読んできたので「読む」という動作には慣れているのですが、40代になってから急に長時間読書をすると目が辛く感じるようになってしまいました。読書が大好きな自分にとってこれはかなり凹みましたが、悩んでいる時にaudiobook.jpを知り悩みが一気に解消されました。作品数も多いので不足感も感じず、読み手の声質も良い事が多いです。運転中に読書ができるというのも魅力です。

投稿者:かなさん/44歳/女性/事務職/利用経験:2か月/評価:★★★★★

目で読むのがしんどいときに重宝

目が悪いこともあり、目で活字を追うのが大変疲れます。audiobook.jpは聴きながら読書ができる優れたシステムを提供してくれます。話題の人気作も豊富。聴きたい本は大抵見つかります。また、オフライン再生が可能な点も高く評価できます。地下鉄で通勤しているため、通信環境が良いとは言えないのですが、どんな場所でも本を聴くことができるので、通勤時間が楽しくなりました。時には倍速再生を活用して、時間短縮も図っています。

投稿者:PKさん/36歳/男性/会社員/利用経験:6か月/評価:★★★★☆

車の移動中でも読書ができる!

オーディオブックを車の移動中に聴いています。手軽に聴き流せるから、仕事の移動中やゴルフの行き帰りであっという間に1冊聴けてしまいます。何冊でもダウンロードして聴けるし、オーディオブックでなければ聴かなかったであろうジャンルの本もあります。知識の習得につながりました。車内では車のスピーカーから聴いていますが、外に出るときはイヤホンで聴いています。

投稿者:まさみさん/52歳/女性/自営業/利用経験:1年/評価:★★★★☆

多忙な生活でも本の内容を理解したい人におすすめ

audiobook.jpはビジネス系の本が多い。利用してるうちに仕事に役に立つ知識をたくさんインプットすることができました。さらに活字を読みたくないときや、横になってのんびりしたいときでも耳から情報を得られるのが良かったです。ひと月の読書量によってプランを細かく選べるので、自分に合わせた使い方ができます。デメリットは、聴く読書なので図解や挿し絵があるページは紙の本で読むよりも理解しにくいところです。

投稿者:けんたさん/29歳/男性/会社員/利用経験:4ヶ月/評価:★★★★☆

これからに期待したいサービス

キャンペーンで「聴き放題プランの無料体験」をやっていたので登録。継続しても月に1,000円もかからないし、やめたければすぐやめられる。初めての人であれば、無料体験を利用できる点が良い。気軽に登録でき、一時的にでも利用者が増えるので、こういうキャンペーンはどんどんやってほしい。利用者が増えない事にはサービス自体が成長しないので。悪い点としては、操作性。画面が見づらい部分があったので、まだ改善の余地があると思いました。

投稿者:アルファさん/43歳/男性/会社員/利用経験:3か月/評価:★★★☆☆

優秀だけど料金が割高に感じる

もともと寝る前や家事の合間によく音声コンテンツを聴いていたので登録。正直なところ、料金の割高感を感じます。聴きたい作品が聴き放題になければ単品購入しないといけません。また小説を聴き終えるまでに10時間以上は必要なので、ひと月にそんなにたくさんは聴けません。さらにスキマ時間にぶつ切りで聴いていると没入感がないのも大きな問題でした(2時間の映画を20分ごとに区切って観ているような感じ)。アニメで活躍する有名声優が起用されているのは素晴らしいですが、料金は割高と感じました。

投稿者:餓者髑髏さん/35歳/男性/自営業/利用経験:2か月/評価:★★☆☆☆

\ まずは聴き放題の14日間無料体験から /

月額833円の聴き放題プランと

単品購入の組み合わせが◎

audiobook.jpのよくある質問

ここではaudiobook.jpのよくある質問を紹介します。audiobook.jpの登録を検討している人は参考にしてください。

料金プランは結局どれを選べばいいの?

audiobook.jpの料金プランは、聴き放題の年割プランがオススメです。

聴き放題の年割プランをオススメする理由
  • 月額833円で2万冊以上の書籍が聴き放題だからお得
  • 14日間の無料体験付きで安心
スクロールできます
プラン特徴月額評価
聴き放題プラン月1.5万冊以上が聴き放題
14日間無料体験付き
年割プラン:833円(一括前払い9,990円/年)
※月額プランにすると1,330円と割高

チケットプラン対象作品と交換できるチケットを毎月発行(チケット1枚で対象作品1冊と交換)
500円分のポイントが毎月もらえる
無料体験はない
シングル(チケット1枚):1,500円
ダブル(チケット2枚):2,900円
※初回のみ最大35%OFF

月額会員プラン本を購入するためのポイントを定期購入できる(1ポイント1円として利用可能)
無料体験はない
550円~33,000円
※2,200円プランの場合、もらえるポイント数は2,450ポイント

プランの比較

比較表の通り、お得に利用できるのは聴き放題プラン(年割プラン)です。

またオーディオブックをはじめて利用する人には、無料期間が14日間ついているので安心です。

当然、聴き放題プランには対象外の作品もあります。ただ、もし聴き放題対象外の作品で聴きたい本が見つかったら、Webブラウザから単品購入すればOK。

Webブラウザからの単品購入であれば、本の定価代金でオーディオブックを購入することができます。不定期で開催されるセール期間には、ベストセラー書籍が700円台で買えるので超お得です。

audiobook.jpは聴き放題プランと単品購入を併用するのがオススメ!

単品購入する際は必ずWebブラウザから購入してください。アプリ購入だとコイン制になるので、Webブラウザで買うより割高になります。

\ まずは聴き放題の14日間無料体験から /

月額833円の聴き放題プランと

単品購入の組み合わせが◎

聴き放題対象かどうかはどうやって見分けるの?

audiobook.jpの聴き放題プランの対象かどうかは、作品一覧画面や作品ごとの詳細ページで簡単に見分けることができます。

聴き放題プランの対象作品には、すべて「聴き放題」と記載があります。「聴き放題」の記載がなければ聴き放題の対象外となります。

下図を例にとると、下の2作品は聴き放題対象ですが、上の2作品は聴き放題対象外です。

聴き放題作品の見分け方-1
作品一覧ページ

聴き放題作品を聴くには、聴き放題プランに登録したあとに、各作品の詳細画面でダウンロードして再生をタップすればOKです。

ダウンロードをタップした場合はライブラリへダウンロード(保存のみ)されます。

聴き放題作品の見分け方-2
作品詳細ページ

聴き放題対象作品は入れ替えがある?

audiobook.jpの聴き放題作品は入れ替えがあります。

もちろん定期的に新作が追加されるので、聴き放題の定番作品はどんどん増えていきます。ただし、audiobook.jpの聴き放題には期間限定配信というものがあります。

こちらは月替わりや不定期で期間限定作品として配信。対象期間が過ぎると聴き放題から外れてしまいます。

読みたい本の聴き逃しがないよう注意しましょう。

この仕組みには賛否両論ありますが、Audibleでは聴けないベストセラーや人気の本が登場することもあるので個人的には嬉しいシステムです。

過去の期間限定聴き放題タイトルは何がある?

ここでは、過去に配信された期間限定聴き放題タイトルを紹介します。

2023年3月の期間限定タイトル

2023年3月の期間限定聴き放題作品
  1. ひと|小野寺史宜
    • 「2019年本屋大賞 第2位」を受賞した小説
  2. チームワーキング ケースとデータで学ぶ「最強チーム」のつくり方|中原淳、 田中聡
  3. 読みたいことを、書けばいい。人生が変わるシンプルな文章術|田中泰延
  4. 砂糖の世界史|川北稔

2023年2月の期間限定タイトル

2023年2月の期間限定聴き放題作品
  1. アナロジー思考|細谷功
  2. おいしいごはんが食べられますように|高瀬隼子
    • 第167回芥川賞受賞作品
  3. できる30代は、「これ」しかやらない 会社に使われて終わらないシン・働き方の教科書|松本利明

2023年1月の期間限定タイトル

2023年1月の期間限定聴き放題作品
  1. 世界のエリートが学んでいる教養としての哲学|小川仁志
  2. 9割捨てて10倍伝わる「要約力」|山口拓朗
  3. スタンフォード式 脳と体の強化書~疲れない・バテない・壊さない|山田知生

【今ならこの本が聴ける】2024年2月の期間限定タイトル

2月の期間限定聴き放題のラインナップはこちらです。もし気になっていた本があれば、audiobook.jpの無料体験に登録してみましょう。

これらの作品は2/29までは聴き放題プランの無料体験で聴くことができます。

audiobook.jp2024年2月の期間限定聴き放題作品
  1. 遅考術 じっくりトコトン考え抜くための「10のレッスン」|植原亮
  2. 忘れる読書|落合陽一

\ まずは聴き放題の14日間無料体験から /

月額833円の聴き放題プランと

単品購入の組み合わせが◎

無料体験中に解約を忘れたらどうなる?

無料体験の14日間を過ぎると、登録時の料金プランに自動で切り替わります。

audiobook.jpが不要な場合は、忘れずに無料期間内に解約しましょう。違約金なども発生しないのでご安心ください。

読み放題プランの解約方法は?

読み放題プランの解約方法は登録時に設定した支払方法によって異なります。

audiobook.jpの公式サイトのよくある質問に支払方法別の解約方法が掲載されていますので、ご確認ください。

audiobook.jp公式サイト>よくある質問>聴き放題プランの解約はこちら

オフライン再生はできる?

audiobook.jpはオフラインでの再生が可能です。インターネット接続中に読みたい本をダウンロードしておけば、ネット環境がない場所でも聴くことできます。

またダウンロード数に上限はないので、何冊でもダウンロードできます。

ただし、端末のストレージ容量を消費するので残量を見ながら、ダウンロードと削除を行ってください。

聴くだけじゃなく、文章を読むこともできる?

audiobook.jpには文章を読む機能はありません。ただし、作品によっては付属資料として挿絵や図解がついていることがあります。

ビジネス書や自己啓発書などは挿絵や図解を見ながら聴くと、本の内容を理解しやすくなるのでぜひ活用してください。

Amazonのオーディオブック「Audible」との違いは?

audiobook.jpとの大きな違いは、聴き放題の「タイトル数」と「料金」、そして「無料体験期間」です。
※ここでは聴き放題プランのみに言及しています。

スクロールできます
audiobook.jpロゴAudibleロゴ
サービス提供会社株式会社オトバンクAmazon
読み放題タイトル数1.5万冊以上12万冊以上
聴き放題料金
月額 1,330円
年割プランなら月額833円
(一括払い:9,990円)
月額1,500円
無料体験期間14日間30日間
公式サイト

audiobook.jpの聴き放題プランの魅力は、何といっても月額料金。年割プランにすればAudibleの半額程度です。

料金で選ぶならaudiobook.jp。聴き放題のタイトル数、無料期間で選ぶならAudible。迷ったら自分にとってどちらの優先順位が高いかで判断しましょう。

どちらも無料体験がついています。気になる人は2つとも無料体験に申し込んで、実際に使用感を比較してみることをオススメします。

Audibleについては以下の記事で詳しく解説しています。

Audible完全ガイドはこちら【利用者のリアルな口コミ・評判も掲載】

audiobook.jpとAudibleをもっと詳しく比較検討したい方はこちらの記事を参考にしてください。実際に6か月以上使用した両者のメリット・デメリットも正直にレビューしています。

Audibleとaudiobook.jp比較解説記事はこちら

知って得するオーディオブック(聴く読書)の豆知識

オーディオブック(聴く読書)は「脳への負担が小さく疲れにくい」

本は読むよりも、耳で聴くほうが脳への負担が小さく疲れにくいことがわかっています。

ながら聴きといわれるように、他の作業を並行して行えるのもこの脳の特性によるものです。

では、なぜ耳で聴くほうが脳への負担は少ないのでしょうか。その理由を解説していきます。

聴く読書のほうが脳の活動が1ステップ少ない

端的に言うと、聴く読書のほうが脳の活動が1ステップ少ないからです。そもそも「読む読書」と「聴く読書」では脳の活動が異なります。下図をご覧ください。

聴く読書のほうが脳の活動が1ステップ少ない

読む読書では、文字を目で見たあとに、見た文字を頭で音声に変換する必要があります。

一方、聴く読書は文字情報がダイレクトに音声として頭に入ってくるので、わざわざ音声変換する必要がないんです。

聴く読書が疲れにくいのはこのためです。

「本を読むのがしんどい」と感じたら、ぜひ聴く読書をお試しください!

オーディオブック(聴く読書)で「読書効率が上がる」

株式会社オトバンク(audiobook.jp運営会社)が実施したユーザーアンケートにより、「オーディオブックを使い始めて読書量が2倍になった」という調査結果が明らかになりました。

聴く読書によって読書効率が上がることが証明されたといえます。

オーディオブックで読書量が2倍に

読書量が約2倍になった要因を挙げてみます。脳科学の観点、ユーザーの口コミから考察すると、次のようにまとめられます。

聴く読書で読書量がアップする理由
  1. 運転や家事など作業をしながらでも読書ができる
  2. 脳や目が疲れないため、ある程度長い時間でも読書ができる
  3. 文字を読むよりも聴くほうが心理的ハードルが低い
  4. 再生速度を上げて聴くことができる

読書量が多いことで有名なベストセラー作家の樺沢紫苑やメンタリストDaiGOさんをはじめ、多くの読書家がオーディオブックを使っています。

読書量を増やす工夫の一つとして、ぜひオーディオブックを選択肢に加えてみてください。

実際に私もオーディオブックを使い始めてから、月8冊ほど読書量が増えました。読書効率を上げるならオーディオブックは本当におすすめです。

その他にも、オーディオブック(聴く読書)で得られる効果はいくつかあります。

以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

オーディオブック(聴く読書)の驚くべき5つの効果はこちら

audiobook.jpの聴き放題プランは14日間の無料体験付きだから安心!料金も月額833円とリーズナブル

この記事では、audiobook.jpの基本情報からユーザーのリアルな口コミ・評判、よくある質問まで幅広く解説しました。

audiobook.jpの魅力をまとめると以下の通りです。

【まとめ】audiobook.jpが選ばれる3つの理由
  1. 聴き放題が月額833円とリーズナブル
  2. 「期間限定配信」で他では聴けないベストセラーが聴ける
  3. 聴き放題プランが14日間の無料体験付き

audiobook.jpは「ながら聴き」に最適なので、

読書はしたいけど時間がない
目が疲れて読書が続かない

そんな人にオススメです。audiobook.jpは14日間の無料体験付き。実際に使ってみて満足できなければ、無料体験中の解約も簡単にできるので安心です。

※聴き放題の「年割プラン」は一括前払い9,990円のため、月額換算で833円

\ まずは聴き放題の14日間無料体験から /

月額833円の聴き放題プランと

単品購入の組み合わせが◎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次