【徹底比較】Audibleとaudiobook.jpはどっちがおすすめ?違いやメリット・デメリットを解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • URLをコピーしました!

オーディオブックの中で、いま人気を集めているのが「Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)」。

「結局どっちがいいの?」「それぞれの特徴やメリットは?」と思っている方も多いと思います。

そこでこの記事では、Audibleとaudiobook.jpを様々な視点から比較解説しました。

2つのオーディオブックを実際に10か月以上利用し、メリット・デメリットを正直にレビューしています。

この記事を読めば、オーディオブック選びに失敗しなくて済むので、ぜひ参考にしてください。

最初に私の結論をお伝えすると、Amazonのオーディオブック「Audible」がおすすめです。

とくに「オーディオブックを使ったことがない人」「ベストセラーや話題の本をたくさん聴きたい人」には、Audibleがピッタリですよ!

オーディオブックをこれから始める方は、こちらの完全ガイドもご覧ください!

Amazonが運営する、信頼と安心のオーディオブック「Audible」はこちら

\ まずは30日間の無料体験から /

無料期間中の解約もOKだから安心!


ユーザー数250万人超え!いま注目のオーディオブック「audiobook.jp」はこちら

\ まずは聴き放題の14日間無料体験から /

月額833円の聴き放題プランと

単品購入の組み合わせが◎

目次

Audibleとaudiobook.jpの比較一覧【基本情報】

」と「」の基本情報を比較表にまとめました。さっそくチェックしていきましょう。

とくに着目したいポイントは以下の3点です。

  1. 料金プランと月額料金
  2. 聴き放題の作品数
  3. 無料体験期間
スクロールできます
Audibleロゴ
Audible
audiobook.jpロゴ
audiobook.jp
サービス
提供会社
Amazon株式会社オトバンク
主なジャンルビジネス書/自己啓発書/小説/教育・学習などビジネス書/自己啓発書/小説/語学/実用・資格など
料金プラン
【聴き放題】
月額1,500円
※プランの選択肢なし
【聴き放題プラン】
年割プラン:月額833円
(一括前払い9,990円)
※月額プランを選ぶと1,330円と割高

【チケットプラン】
シングル:月額1,500円
ダブル:月額2,900円
※初回のみ最大35%OFF

【月額会員プラン】
月額550円~33,000円
作品数総作品数:40万冊以上
聴き放題:12万冊以上
総作品数:非公開
聴き放題:1.5万冊以上
無料体験期間30日間14日間の無料体験付き
(聴き放題プランのみ)
単品購入
支払い方法クレジットカード/デビットカードクレジットカード/d払い/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払いなど
アプリありあり
対応端末Android端末/iOS端末/PCAndroid端末/iOS端末
公式サイト

以上の内容をカンタンにまとめると次のとおりです。

Audibleとaudiobook.jpの違い

Audible

  • 料金プランは聴き放題のみ
  • 聴き放題の作品数は非常に多いが、料金は少し高い
  • 無料期間が長い

audiobook.jp

  1. 料金プランは3つ【聴き放題プラン/チケットプラン/月額会員プラン】
  2. 聴き放題の作品数は多くないが、料金はリーズナブル
  3. 聴き放題プランのみ無料体験付き、無料期間は少し短い

audiobook.jpはプランが3つありますが、聴き放題プランがおすすめです。「14日間の無料体験付き」「何冊聴いても追加料金不要」なので断然お得です。

オーディオブックをはじめて利用するなら、聴き放題プランで比較検討しましょう!

基本情報の比較では、聴き放題作品数が多く、無料期間の長いAudibleが目を引きます。

一方で、聴き放題料金が安いaudiobook.jpも捨てがたいところ……

「で、実際はどうなの?」と思った方もいるでしょう。

次章からは実体験に基づく正直な感想・レビューを紹介します。

メリット・デメリットに分けて解説するので、参考にしてください。

Audible(オーディブル)のメリット・デメリット

ここからはを10か月以上毎日使って分かった、メリット・デメリットを解説していきます。

Audibleの4つのメリット

実際に使って感じたAudibleのメリットは、主に次の4つです。

一つずつ詳しく解説していきます。

聴き放題ラインナップが豊富

Audibleの一番のメリットは、何と言っても聴き放題ラインナップが豊富な点。

ベストセラーや書店で見かける話題の本など、多くの人気タイトルが聴き放題対象になっています。

「え!こんな本まで聴き放題なの!?」と声が漏れるくらいラインアップが豪華です。

実際にAudibleの聴き放題で聴ける、人気のビジネス書・自己啓発書がこちらです。

スクロールできます
タイトル著者出版社定価
(単行本の場合)
メモの魔力前田裕二幻冬舎1,400円+税
アウトプット大全樺沢紫苑サンクチュアリ出版1,600円+税
書くのがしんどい竹村俊助PHP研究所1,500円+税
1分で話せ伊藤羊一SBクリエイティブ1,400円+税
反応しない練習草薙龍瞬KADOKAWA1,300円+税
CHANCE犬飼ターボ飛鳥新社694円+税
ゴミ人間西野亮廣KADOKAWA1,400円+税
GIVE&TAKEアダム・グラント、楠木建三笠書房1,800円+税
人は話し方が9割永松茂久すばる舎1,400円+税
バナナの魅力を100文字で伝えてください柿内尚文かんき出版1,400円+税

どこの書店でも目立つ場所に並んでいる人気書籍ばかりです。

これが月額1,500円で聴き放題であることに驚きました。だいたい月1冊聴けば元が取れる計算です。

Audibleの聴き放題で聴けるおすすめ書籍を以下の記事にまとめています。「他にどんな本が聴けるの?」と思ったら、こちらの記事も参考にしてください。

オーディブルで聴けるおすすめビジネス書&自己啓発本25選

さらに、Audibleは小説のラインナップも充実しています。毎年、読書好きが注目している「本屋大賞」受賞作品も、その多くが聴き放題対象になっています。

こちらがAudibleの聴き放題で聴ける「本屋大賞」2023年受賞作品です。

スクロールできます
タイトル著者出版社定価
(単行本の場合)
汝、星のごとく凪良ゆう講談社1,600円+税
光のとこにいてね一穂ミチ文藝春秋1,800円+税
爆弾呉勝浩講談社1,800円+税
月の立つ林で青山美智子ポプラ社1,600円+税
方舟夕木春央講談社1,600円+税
川のほとりに立つ者は寺地はるな双葉社1,500円+税
#真相をお話しします結城真一郎新潮社1,550円+税

こちらも書店に行けば、目立つ場所に平積みされている話題の書籍です。

また他にも村上春樹さんや池井戸潤さん、湊かなえさんなど人気作家の名作も、聴き放題作品として配信されています。

毎日使ったとしても、聴きたい本が次々に見つかるので飽きることはありません。

Audibleの聴き放題タイトル数・ラインナップは、実体験からも満足度が高いです。

私は10か月以上、毎日Audibleを使っていますが、今でもアプリには常に聴きたい本が50冊以上ストックされています。聴きたい本が尽きないところがAudibleの強みです。

新作の追加が早い

Audibleの聴き放題は新作追加が早いのも魅力です。

以下の人気作品で見てみましょう。書籍の発売からわずか4ヶ月でAudibleの聴き放題に追加されています。

スクロールできます
タイトル著者書籍発売日Audible配信日
(聴き放題追加日)
「僕たちのチーム」のつくりかた伊藤羊一2022/11/182023/3/10
「40歳の壁」をスルッと越える人生戦略尾石晴2022/12/232023/4/7

先ほど紹介した2023年本屋大賞受賞作「汝、星のごとく」も、聴き放題に追加されるまでわずか6か月。この新作追加の早さも、Audibleが人気の理由の一つです。

人気の新刊が、こんなにも早く聴き放題で聴けるのは驚きでした!

カスタマーレビューが充実している

AudibleアプリではAmazonサイトのレビューのように、書籍ごとのカスタマーレビュー(お客様の声)を確認することができます。

ベストセラーや話題の本であれば、数百件の評価がついているので、実態に近い評価として十分参考にできます。

大ベストセラーであれば、画像のように1,000件を超える評価が付いているものもあります。

Audibleお客様の声

※各作品の詳細ページにある「お客様の声」にて、ユーザーの5段階評価と感想を確認できます。

アプリ内で口コミ・評判を簡単にチェックできるこの機能は意外と重宝します。

もしアプリ内にカスタマーレビューがなければ、気になる本の口コミや評判を他のサイトへ見にいく必要があります。

その時間のロスと手間を解消してくれる点で、ユーザーファーストの機能といえるでしょう。

アプリ内で口コミ・評判をサクッと確認できるので重宝しています!

無料体験期間が長い

無料期間が長いのもAudibleの大きなメリットです。

いまや多くのサブスクリプションサービスに無料体験が付いていますが、無料期間が1~2週間というものも少なくありません。

ほとんどの方がサービスの使い心地やラインナップを、仕事や家事、育児の合間を縫って確認していくことになります。

そのため、当然ですが無料期間は長ければ長いほどいいです。

Audibleは30日間も無料体験が付いています。これだけ長い無料期間があれば、Audibleを複数回試すことができます。

自分にあったサービスどうかを見極めるのに十分な期間といえるでしょう。

Audibleは無料期間中の解約もOKです!もし使ってみて満足できなければ、ネットすぐに解約できるので安心です。

\ 2か月無料キャンペーン開催中!/

お得なキャンペーンは2/29まで

Audible唯一のデメリット

続いてAudibleのデメリットです。10か月以上使ってみましたが、デメリットはたった一つだけでした。

Audibleのデメリット

月額料金がやや高め

Audibleの月額料金は、一般的な感覚でいえば高い部類に入るでしょう。

とりわけオーディオブックを使ったことがなければ、「月額1,500円は高い」と感じる人も多いと思います。

映画やアニメが見放題の人気サブスク、NetflixやDisney+、Huluは月額1,000円程度ですから、比較するとどうしても「高い」と感じてしまいますね。

月額料金の水準だけが、Audible唯一のデメリットといえるでしょう。

ただし実際に使ってみると、実はかなりコスパのいいサービスであることがわかります!

Audibleのコスパがいい理由

ビジネス書や小説は、おおよそ1冊1,500円。Audibleで月に1冊以上聴けば元が取れる!

「普段そんなに本を読まないから、月1冊以上聴けるか不安…」という方もいるかもしれませんが、安心してください。

オーディオブックは耳さえ空いていればいつでも読書ができます。つまり家事や車の運転中、運動中でも読書ができるんです。

実は仕事をしている人でも耳のスキマ時間(作業はしているけど耳だけは空いている時間)は、月160時間もあると言われています。

仮にこの耳のスキマ時間の半分を「聴く読書」に充てれば、月5冊くらいは意外とカンタンに聴くことができます。

「月額1,500円は高い」と感じる人でも、ながら聴きが習慣になれば読書量が増えるので、「コスパがいい」と感じるようになります。

私もAudibleを使い続けているうちに「高い」という感覚はなくなりました!今では月に平均8冊ほど聴けているので、かなりコスパがいいです。

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)のメリット・デメリット

次にのメリット・デメリットを解説していきます。

audiobook.jpの3つのメリット

実際に使って感じたaudiobook.jpのメリットは、主に次の3つです。

一つずつ詳しく解説していきます。

聴き放題プランがリーズナブル

audiobook.jpは、聴き放題プランを月額833円で利用できるのが最大の魅力です。

Audibleは月額料金が1,500円なので、audiobook.jpの聴き放題のほうがリーズナブルです。

映画やアニメが見放題の人気サブスク、NetflixやDisney+、Huluなどの月額料金(約1,000円)と比較しても、お財布にやさしい料金設定と言えるでしょう。

実体験から言っても、この価格ならサービス内容と料金設定のバランスがいいので、満足度は高いです。

ただし月額833円で利用するなら、年割プランを選ぶ必要があります。

年割プランは年額9,990円の一括前払いになりますが、月額換算すると割安になるのが特徴です。

月払い(月額プラン)にしてしまうと、月額1,330円とかなり割高になるので、年割プランをおすすめします。

聴き放題プラン期間限定作品のラインナップが良い

audiobook.jpの聴き放題プランには期間限定配信があります。

月替わりや不定期で期間限定作品が配信され、対象期間が過ぎると聴き放題から外れるシステムです。

この期間限定作品のラインナップの良さもメリットの一つです。Audibleでは聴けないベストセラーや人気書籍が配信されることもあり、差別化がなされています。

過去には画像のとおり、2019年本屋大賞第2位を受賞した小説『ひと』や、ベストセラーの『読みたいことを、書けばいい。』も配信されていました。

これはAudibleの聴き放題では聴けない作品です。

audiobook.jp聴き放題プラン期間限定作品

こうした普段は聴けない作品を追加料金なしで聴けるので、個人的には嬉しいシステムです。

期間限定なので、読みたい本の聴き逃しには注意が必要です!

単品購入が安い

単品価格が安いのもaudiobook.jpのメリットです。

基本的にオーディオブックは聴き放題で利用するのがお得です。一方で、どうしても聴きたい本が聴き放題ラインナップにない場合があります。そんなときに単品購入を使います。

audiobook.jpの単品価格は、紙の本の定価と同じです。

一方、Audibleはオーディオブック作品に独自の価格設定をしているので、ほとんどのタイトルが定価より高いのが特徴です(下図参照)。

Audibleロゴ
Audible
audiobook.jpロゴ
audiobook.jp
嫌われる勇気3,000円1,650円
限りある時間の使い方3,000円1,870円
DIE WITH ZERO3,000円1,870円
単品購入時のオーディオブック価格

聴き放題対象の書籍を聴くだけでも十分ですが、audiobook.jpは月額料金が安いため、読みたい本を発見したら単品購入を併用していくのもアリです。

私は実際に聴き放題プランを使いつつ、月1冊くらいは単品購入を利用しています。セールが狙い目です!

audiobook.jpは「最大50%オフのセール」がけっこう頻繁にあります。うまく使えば、700~800円程度で人気書籍のオーディオブックが手に入ります。

ただし1点だけ注意点があります!

audiobook.jpで単品購入する際は、必ずWebブラウザから購入しましょう。スマホアプリからだと単品購入がコイン制になるため割高です。

audiobook.jpの2つのデメリット

続いてaudiobook.jpのデメリットについて解説します。

一つずつ詳しくみていきましょう。

聴き放題の作品数は少し物足りない

audiobook.jpの最大のネックは聴き放題作品数です。

Audibleと比較してしまうと、どうしてもaudiobook.jpの聴き放題作品数は少し物足なさを感じます。

Audibleの聴き放題作品数が12万冊以上に対し、audiobook.jpは1.5万冊以上。やはりこの差は大きいです。

実際に調べてみると下表のとおり、「Audibleにはあるけどaudiobook.jpにはない書籍」がいくつかあります。

Audibleとaudiobook.jpの聴き放題ラインナップの比較

タイトルAudible
聴き放題
audiobook.jp
聴き放題
メモの魔力×
アウトプット大全×
書くのがしんどい
1分で話せ×
反応しない練習×
CHANCE
ゴミ人間×
GIVE&TAKE×
人は話し方が9割
バナナの魅力を100文字で伝えてください×

ただし、これはあくまでAudibleと比較した場合の感想です。audiobook.jpもベストセラーや話題の本が、たくさん聴き放題対象になっています。audiobook.jp単体でみれば、十分満足できるラインナップといえます。

私はaudiobook.jpも好きなので「聴き放題プラン×単品購入」で愛用しています!

チケットプラン、月額会員プランにうまみがない

audiobook.jpには聴き放題プラン以外に、チケットプラン、月額会員プランもあります。

チケットプラン・月額会員プラン概要

スクロールできます
プラン名月額料金概要

チケット
プラン
シングル:1,500円/月
ダブル:2,900円/月
※いずれも初回のみ最大35%OFF
対象作品と交換できるチケットを毎月もらえるプラン
(もらえるチケット枚数はシングルは1枚、ダブルは2枚)
チケット1枚で対象作品1冊と交換ができる
毎月500円分のポイントがもらえる
(1ポイント1円で単品購入時に使える)
月額会員
プラン
550円~33,000円/月1ポイント1円で使えるポイントを購入するプラン
550円~33,000円/月まで7つの詳細プランがある
付与されるポイントは、購入金額分のポイント+ボーナスポイント
(例:2,200円/月の場合は、2,200ポイント+250ポイント=計2,450ポイントが付与)
付与されたポイントで作品を単品購入できる

ただ、「チケットプラン、月額会員プランにはあまりメリットを感じられなかった…」というのが正直な感想です。

聴き放題にない書籍を読めるという利点はありますが、単品購入を利用すれば解決します。

結局のところ、聴き放題プランがお得でわかりやすいのでオススメです!聴き放題対象外で聴きたい本があれば単品購入を併用しましょう。

※もちろんチケットプラン、月額会員プランを選ばなければ、直接的なデメリットは一切ありません。プランの選択肢が多いと、「調べるのに時間がかかる…」「どれにしようか迷ってしまう…」という観点でデメリットに挙げました。

※ユーザーの好みや使い方によっては、「チケットプラン、月額会員プランがピッタリ」という方もいるかもしれません。その点ご容赦ください。

【まとめ】あなたにおすすめのオーディオブックはコレ

この記事では、Amazonの「」とオトバンクの「」を比較解説しました。

今回の結論をまとめると以下の通りです。

Audible向きの人audiobook.jp向きの人
ベストセラーや話題の本をたくさん聴きたい
オーディオブックを利用するのがはじめて
どの本を読めばいいかわからない(レビューを参考にしたい)
聴き放題の月額料金を安くおさえたい
単品購入する可能性がある

これからオーディオブックを始める人には、私はAudibleをおすすめします。

理由は、

  • 無料体験期間が長く、カスタマーレビュー(お客様の声)も付いているので安心
  • 聴き放題作品数が多く、ベストセラーや話題の本などラインナップが豊富

迷ったらAudibleを選びましょう!

一方で、「そこまで読みたい本にこだわりがなく、月額料金も安いほうがいい」という人ならaudiobook.jpで十分満足できます。

「紙の本や電子書籍がメインで、オーディオブックは月に1冊聴くかどうか…」という人は、audiobook.jpの単品購入からはじめてみるのもいいでしょう。

ぜひこの記事を参考に、自分のライフスタイルや読書スタイルに合ったものを選んでみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

オーディオブックをもっと詳しく知りたい!実際に始めたい方へ

当メディア「ぺいろぐ」では、スキマ時間やながら時間で無理なく読書を楽しみたい方に向けて、「スマホ読書メソッド」を分かりやすく発信しています!

スマホ読書を2年以上続けている筆者が、オーディオブックや電子書籍、本の要約サイトの始め方や各サービスの特徴まで詳しく解説します。

オーディオブックをこれから始める方は、こちらの完全ガイドをご覧ください!

Amazonが運営する、信頼と安心のオーディオブック「Audible」はこちら

\ まずは30日間の無料体験から /

無料期間中の解約もOKだから安心!


ユーザー数250万人超え!いま注目のオーディオブック「audiobook.jp」はこちら

\ まずは聴き放題の14日間無料体験から /

月額833円の聴き放題プランと

単品購入の組み合わせが◎


オーディオブック(聴く読書)の効果について詳しく知りたい方はこちら


オーディオブックを使って、スキマ時間やながら時間で無理なく楽しむ読書を始めましょう!ご質問やご相談はコメント欄からお気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次